スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境に壁があったと勘違いしてる人多いよね(´・ω・`)



ベルリンの壁 : 2chコピペ保存道場

今の今まで知らなかったよ...orz
スポンサーサイト

本郷と一文字と風見



台詞とBGMを変えると、こんなに面白くなる。

続きを読む »

便利な言葉

力武、捕まっちゃった。

「疑似児童ポルノ」を全国初摘発 頒布容疑で写真家らを逮捕

女優の陰部が無修正で映っている「疑似児童ポルノ」DVDを出荷したとして、警視庁はわいせつ図画頒布の疑いで、東京都渋谷区幡ケ谷の写真家、力武靖容疑者(48)と山口県下関市のアダルトDVD制作会社「ムーランコーポレート」元社長、河野憲一容疑者(35)を逮捕した。同課によると、力武容疑者は「映っているのは陰部ではない」とわいせつ性を否定している。


児童ポルノ。

便利な言葉だな。
単純な「わいせつ図画頒布」なのに、「擬似児童ポルノ」と表現した途端、すげー極悪な罪を犯したように見える。
そもそも「擬似児童ポルノ」などという日本語は存在しない。
意味不明の言葉で摘発するんだから、全国初になるのも当然。(^^;
インパクトのある言葉を用いミスリードを誘う、マスコミの常套手段。

力武が撮り続けてきたのは「少女ヌード」であって「児童ポルノ」ではない。
ここ大事なトコロ。
カタギの職業カメラマンは非合法なモノは撮影しません。(^o^;

続きを読む »

ここ数日

いろいろなモノが壊れていく。

COMETのIRシンクロ装置。
PCのメディアリーダー。
EOS KissDX。

モノが壊れる時って、何でこう立て続けに壊れるのかね。

スタジオのストロボはシンクロコードを有線で繋げばコトは解決する。
データコピーはUSBケーブルを利用して転送すればコトは解決する。

どーにもならんのがキスデジ。
内蔵ストロボを起こすとレリーズ不能になっちまうのだ。(^^;
キヤノンの十八番「Err99」表示のお出ましだ。

滅多にやらないが、スレーブ発光の主灯に用いようと、内蔵ストロボを起こしたらカメラが動きやしない。
リレーズボタンを半押ししてもAFが作動しない。
MFで撮ろうにもシャッターそのものが下りない。
内蔵ストロボを引っ込めるとマトモに動くか、というとそうでもない。
一旦発症するとお手上げ。
バッテリーを抜いて暫く放置しておかないと復活しない。

キスデジを修理に出すか、D3000に買い換えるか...。

カラマネ

エプソンプリンタをお使いの方は以下のリンク先を一読すべし。

カラーマネジメント設定方法の変更について

Adobe® Photoshop® CS3以降およびAdobe® Photoshop® Elements® 6.0以降、Adobe® Photoshop® Lightroom®1 以降をお使いで、プリンタードライバーによる色補正をご使用の方を対象に、従来のカラーマネジメントの設定方法(以下ワークフロー)を見直すことになりましたのでご案内いたします。


リンク先にある「お客様の使用環境に応じたワークフローのご案内」で調べてみる。

私の環境、Windows XP及びVista+CS3の場合も、
従来の「Photoshopによるカラー管理」でなく、
「プリンターによるカラー管理」に変更しましょ、との診断結果。

オマケ付き

大盤振る舞い。
もしくは、在庫処分。
単なる、抱き合わせ商法。

PIXUS Pro9000 Mark II プレゼントキャンペーン

今、1Ds3または1D3を買うと、もれなくプリンタが付いてくる。というモノ。
ジャパネットたかたみたいだな。

私としては、
プリンタ買うとカメラが付いてくる、の方が嬉しいかも。(^^;

ちなみに。

大盤振る舞い - 語源由来辞典

大盤振る舞いの「大盤」は当て字で、本来は「椀飯振る舞い・椀飯振舞(おうばんぶるまい)」と書く。
「椀飯」とは椀に盛った飯のことで、「わんばん」から「わうばん」、さらに「おうばん」へと変化した。
平安時代、公事や儀式のときにお椀に盛った食事が振る舞われることを「椀飯振る舞い」と言ったが、江戸時代に入ると庶民にも伝わり、正月などに大勢の人を集めて開く酒宴を「椀飯振る舞い」と言うようになった。
さらに、豪勢な印象からか、現在は「椀飯」と「大盤」が混同されて「大盤振る舞い」が多く用いられるようになり、食事に限らず気前良く振舞うことを言うようになった。

だそうです。

セブン

EOS DIGITALの新型。

EOS 7D
・ 等倍ファインダー
・ 視野率100%
・ 約8コマ/秒
・ トランスミッター機能付き内蔵フラッシュ
・ 防塵防滴仕様

キヤノンの製品ラインナップは、1D系を頂点とする為に、APS-C判の最上位を作ろうとしなかった。
つまり、Nikonでいうトコロの、D300クラスのカメラが存在しなかったのだ。
7Dの登場で、ようやくキヤノンの空白ゾーンが埋まった。

目に見える性能はは、D300と遜色ない仕上がり。
あとは実物のデキだ。

撮影中にフリーズするとか、
「Err99」が頻繁に現れるとか、
クイックリターンミラーが落下するとか、
キヤノン特有の工作精度の「緩さ」とか...。

そういう、道具としての致命的欠陥は改善できたのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。