スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草寺

IMG_0058.jpg

本年一発目の設備投資。
EOS 5D導入。
三井記念美術館の「日本橋絵巻」展で日本文化を堪能した後、足を伸ばして浅草へ。
夜景テストを兼ね、ライトアップされた浅草寺を撮影。

EOS 5D+EF24-70L
F2.8 , 1/8sec , ISO 800で手持ち。

解像力の高さ、階調の広さ、高感度ノイズの少なさに感動します。
巷では「塗り絵だ、アニメ絵だ」と騒ぐ輩もおりますが、ノイズは少ない方が良いに決まってる。
後処理でノイズを消すなんてのは、カメラマンがやるべき仕事じゃないでしょう。(^^;

5Dを使って、忘れかけていた35mmサイズの素晴らしさを思い出す。
真の24mmとAPS-C判の24mm相当とで、画の奥行き感がこうも違ってしまうモノかと。
広角レンズ愛用者の私には、とても魅力的なデジタルカメラです。

ところで、このカメラの呼び名って「ごでぃー」「ふぁいぶでぃー」どっち?

Comment

私は・・・

大発表会の前に、キャノンの某所で触ってきました。
ファインダーがでかい・・・まあ、これが普通なんでしょうけれど。
さんざんいじってから自分の20Dを覗いたら・・・!
何だか覗き窓から見ているようで、ファインダーが窮屈でした。
されど買い換えるお金はないし、我慢我慢です。
いつかは1D系と思っていますので、それまでは余計な出費は
できません。
サンニッパも欲しいですしね。
宝くじでも当らなければ、いつまでも高嶺の花のままでしょう(笑)
呼び名は「ふぁいぶでー」でしょうか。
「でぃー」ではなく、あくまでも「でー」(笑)
10Dは「てんでぃ」、20Dは「にじゅうでー」・・・結構いい加減な私です。

20Dは

「にじゅうでー」で間違いないです。
新宿QRセンターの人が、そう呼んでいたので。
あのクラスは、10Dだけが例外で「てん」と英語読みするそうです。
で、5Dですが、私的には20Dより好感が持てます、
20Dはミラー動作のバタつく感触が、どうも好きになれませんでした。
スローシャッター切るのが怖かった。
とても、夜景を手持ちで撮る気にはなれません。(^o^;
そこいくと、5Dはミラーショックが少なくて良い感じです。
そう言う部分を「動きがトロい」と表現する人も居ますけど...。
まぁ、この辺りは好き好きの問題ですね。

禿しく同意!

20Dは工業製品としては、極めて完成度は低いです。
10Dと比べるとミラーショックは大きいし、音も下品です。
三脚に載せても、ぶれやすいカメラですね。
優れているのはレスポンスの良さと作り出される絵でしょうか?
DIGICⅡは少し派手かな?と思いますが、現像パラメーターで
抑え気味にしています。
ところで、私の20Dは今のもので何と三代目です。
最初のヤツは話にならず、次のも修理を何回してもダメでした。
今度のカメラは何とかまともに動いてくれています。
最初に購入してから14ヶ月・・・長い道のりでした。
ですから、私は10Dを今でも愛用しています。
トロイ感じはしますが、静粛性とミラーショックの少なさは
特筆モノです。
手持ち撮影は断然10Dですね。

絵は

素晴らしいと思います。>20D
それだけに、メカ部のツクリが惜しまれますね。
それにしても、過去2台が使い物にならないとは...ダメすぎますね。
画像重視でデジカメを選ぶなら、キヤノン、フジの2社で決まりでしょう。
1点モノの作品を作り出す「写真家」ならばニコンという選択肢もありますが、ポートレートなど大量のカットを必要とする「カメラマン」には、撮りっ放しでソコソコの絵になるカメラが必要なのだ。(^o^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。