スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お作法

去る8日、山梨では県議選が行われました。
で、これは我が地方だけの事かもしれませんが、選挙期間中に立候補者のスタッフから電話がかかってくるのです。
「○○をよろぴくね~」と。

さて本題。

電話かけてくるのは良いんだけどさ。
宜しくお願いする側が、先に電話を切るのってどういう了見よ?
選挙に限らず、如何わしい金融商品の勧誘やらNTT代理店のセールスやら、勝手に電話かけてきて用件言ったらさっさと切る輩が多い。

ウチは代々の商売人という事もあり「電話かけたら相手より先に切るな」と、ガキの頃から教育されました。
そんなわけで、先に電話を切る候補者も営業セールスも信用しないようにしてます。

今どきのビジネスマナーって、かけた方が先に切るのが常識なの??

Comment

そんなマナーは聞いたことない

効率化でしょ。
しかし、昔みたいに電話切るときに音が大きくないから気にしないかもね。
受話器を置かずに指で切ります。

ですよね。

ビジネスマナー電話編などをネットで調べると、
原則:かけた方が先に切る。
※相手がお客様・目上の人の場合は例外。
と謳っているモノが多い。
つまり、お客様には丁寧に、下請けには横柄に。
というわけですね。
翻って、候補者にとって有権者は下請けである、と。
マナー以前に相手を尊重する気持ち(礼儀)の問題。
礼儀知らずは落選しちゃうぞ。(^^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。