スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル写真機

中古のコンパクトデジカメを購入。
Canon PowerShot S60という2004年発売のカメラ。

IMG_3631_dpp.jpg

日進月歩のデジタルカメラ。
当時主流の500万画素も、発売から3年も経てば低スペックと言われてしまう。
おそらく、大抵の人は見向きもしないでしょう。

それを敢えて買ってしまう私。

購入の理由は以下の3点+オマケ1点。

  • 28-100mm(135mm換算)のズームレズ
    Canonのコンパクトカメラでは奇特な28mmレンズを搭載しています。
    広角なのに約45cm(通常モード)しか寄れないのがイマイチですが、この焦点距離が搭載されているだけでもヨシとします。
    35mmで撮る写真と、28mmのソレは迫力が断然違いますから。

  • 露出モードが充実
    プログラム、シャッター優先、絞り優先の3つのAEに加え、マニュアル露出も可能。
    コンパクトカメラにそこまで要るか?と思う人も居るでしょう。
    私も、絞り優先AEとマニュアルの2つが有れば必要充分だと思います。
    ま、無いよりは有った方が良い、という事で。

  • RAWデータ記録
    コレに関しても無いよりは有ったほうが...というトコロ。
    PowerShot最上位機種(G7)でさえRAWデータ撮影機能を捨ててしまう世の中。
    今や、RAW記録が出来る希少な存在。
    ちなみに、RAWファイルの拡張子はCRW。
    Photoshopのプラグインで現像可能。(DPPやCapture Oneは不可)

  • コンパクトフラッシュの使用。
    カメラ機能とは関係なく、個人的に嬉しい部分。
    デジタル一眼レフの高画素化により、休眠状態になっていた低容量(256MBとか)のCFが蘇りました。
    最後に述べたオマケ1点を除き普通の要求(のつもり)なんですが、要件を満たすカメラを探したら3年前のカメラになってしまった。(^^;
    なんかね。
    最近のデジカメって高画素化&映像処理の向上が主目的になっている感じ。
    写真機という点では退化していると思う。

    ごく一般のユーザーはコンパクトデジカメに写真機の基本性能を求めていない。
    一般ユーザーが買わない、コンパクトなデジタル写真機を大手メーカーに作れと言うのは酷というモノ。

    そんなわけで、SIGMA DP1に期待している私。
  • Comment

    忘れちゃぁいけねえのが・・・

    実像式光学ズームファインダー!!
    今のコンデジはこれさえ捨て去っています。
    まぁ、ファインダーって金がかかる部分だからねぇ。
    仰るように高画素競争のあおりで、カメラ本来の機能がどんどんと切り捨てられている感じ。
    一般ユーザーは写りゃあいいから、そういった基本的な機能は見向きもせんのだろうな。
    でも、撮影時にはきちんとした構え方をしたいものです。
    私のR4ではそれが出来ませぬが・・・

    ズームじゃないと売れない?

    おいらだったら、暗いズームで光学ファインダーなしよりも、明るいレンズに光学ファインダーがあれば、広角と標準の2台買ってもいいよ。
    そんな私は未だにFinePix 40i。

    ZEISSさんへ

    私らの感覚からすれば、忘れちゃイケナイというより、有って当然というトコロでしょ。(^o^;>光学ファインダー
    なので、要件として述べませんでした。
    撮影時にちゃんと構える為には、ある程度の大きさと重量が要りますね。
    シャッターボタン押しただけでブレそうな、軽く薄っぺらなカメラは論外。

    undoさんへ

    単焦点コンパクトは理想ですすね。
    ところが何故か、そのテのモノを高級(高額)カメラにしちゃうんだよねぇ。
    Konica BIG miniのような軽い気持ちで作れよ。>メーカー
    FinePix 40i、良いと思う。
    極小CCDが作り出す画像は、3~400万画素が限界ではないかと。
    画素数が増えるとノイズも増える。
    その為、ノイズリダクションを効かせるので、逆に解像度が落ちてしまう気がします。

    Comment Form

    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。