スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンタ

EPSONのインクジェットプリンタ。

複合機:6機種。
カラリオ・ミー:3機種。
スタンダード機:4機種。
プロセレクション:4機種。
その他に業務用大判機が複数。

う~む...帯に短し襷に長し。
単機能で、手頃な大きさ(L判~A44)が出力できる、マトモなインク構成の7~8色機が存在しない。

PX-G930」、プロセレクションと言いながら搭載インクがCMYK+レッド+ブルー。
要は、派手な色を出すためのインク構成。
”プロ”」を名乗るなら、グレーインクを載せなきゃ。
コレじゃ、CMYK+ライトシアン+ライトマゼンタのスタンダード機「PM-G860」の方がマトモ。

まさか、
顔料=プロ
染料=スタンダード
という安直な言葉の使い分け?

結局、「PX-5500」なのか。
さすが業界標準。
と言うよりも、他に選択肢が無いという現実。

とりあえず、「PM-G860」に手を出すかか...。
A4単機能プリンタ、CMYK+LC+LM+Gray搭載。
こういうの、もう作らないのかな。

Comment

1台くらいモノクロ写真画質なんて欲しいかも?

プロ用を名乗るなら。
顔料系はマット表現でくすんで見えるから、鮮やかさが足りないんでしょうね。しかし、オレンジは暖色系の階調表現として理解できるけど、ブルーはねぇー。

ツルツルの

表面(RCペーパー)じゃないと「写真」と見てもらえないからね。
EPSONの絹目ペーパー(何でこの名前にしたのか謎)+顔料プリンタは、昔のバライタ紙プリントに似ていて好きなんですけど。
一般ウケはしないよなぁ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。