スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートグローブ

さすがに、これはマズいって。

学研、「台湾」ない地球儀を販売 中国の圧力で

学習教材大手「学研」(東京都大田区)グループが国内向けに販売する音声ガイド付きの地球儀が、中国政府から圧力を受けて、台湾を単なる「台湾島」と表記していることが9日、わかった。
<中略>
また、日本の北方では、樺太の南半分や北方領土以北の千島列島をロシア領として色分けしている。


本件について会社側のコメント。

「当初は日本の学校教科書同様の表記をするつもりだったが、工場が中国にあり、中国政府から表記を変更しないと日本への輸出を認めないと迫られた。
すでに注文が殺到していたので、仕方なく中国政府の指示に従った」


全く理由になっていません。
だったら国内や他国の工場で作れば良いぢゃん、って話。
それともナニか中華の工場に拘る理由があるの...?

日本で売る商品、それも教材としての一面を持つモノを中華仕様(表記)に合わせちゃイカンよ。
支那ソバも支那竹も、日本仕様(味覚)に合わせているでしょ。(^o^;

で、案の定。

台湾を「台湾島」と表記 学研地球儀、販売中止に

学研は同日、「不適切な表記があった」として商品の販売中止と、返却を希望する購入者に販売価格(2万9400円)での引き取りを決めた。


こういう事態になるとは思わなかったんだろうね。
おめでたい会社だ。

Comment

何とも・・・

お粗末な話ですな。
今風に言うと、学研って「KY企業」なんでしょうな。
かの国で作ったらどうなるか、火を見るより明らかです。

もう

学研は日本でモノを売らなくていいです。(^^;
でも、このスマートグローブって以前から売られていたんだよね。
テレビ等の各種マスメディアで取り上げられてもいたし。
今の今までヘンテコ表記が表沙汰にならなかったのが不思議。

日本語で書いてある「中国仕様」

発売延期して日本で貼り替えれば文句言われなかったけど、コストがかかりすぎなんでしょうね(^^;
韓国で作ったら「日本海」や「竹島」はなくなるとか言われてます。

儲けが第一

半島で作ったら、国境線の変更も迫られそう。(^^;
タカラトミーの地球儀も販売中止・回収だそうで。
コストを削って、信用を失う。
近頃、こんなのばっかりですね~。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。