スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼

銀塩写真は遥か彼方に...。
暗室作業してない私が、とやかく言う資格はありませんけどね。

三菱白黒印画紙生産終了

Comment

え!

ショックです・・・。高校生時代、沢山お世話になった印画紙なのに・・・。沢山沢山、大好きな瞬間を刻んだのに・・・。デジカメを買う前まで、ごく自然に、モノクロで焼いてもらったりしたのにな・・・。とっても寂しいニュースを見てしまいました。

ビンテージ

モノクロで焼いてこそ「フィルムの味」が表れると思います。
んでも、写真に関わる業界のうち、銀塩にこだわってるのはカメラマンだけのような気がします。
例のPSEマーク問題で、写真焼付器、写真引伸機、引伸用ランプハウスはビンテージものと指定されたようです。
そういう特殊な世界になってしまった、というわけですね。

遅れましたが・・・

ネットで見たんですが、いよいよ来たか~、といった感想をもちました。
時代の流れですから、仕方がない部分もあるでしょうね。
貧乏学生(今でも貧乏ですが・・・)の頃、フジブロが買えずに月光を使っていました。
しかも、現像液はかなり希釈して使っていたんですよ。(笑)
暗室作業はもう○十年遠ざかっていますから、大きなことは言えませんが・・・
暗室技術はいずこへ!

アナログ技術

液の希釈や現像時間の長短により、ネガの濃淡を変える、なんてのはモノクロでなければ出来ない技ですね。
デジタルのRAW現像なんぞ、足元にも及ばない。
>暗室技術はいずこへ!
伝統技能として保護してもらうしかないですね。(^o^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。