スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機種選定

なんだろうね。
カメラグランプリ受賞の御祝儀なのか、次機種の発表が近いのか?
Nikon D3の売値が(ちょっとだけ)お安くなっている。

今現在の私のメイン機種、EOS 5Dの画に不満は無いけどさ。
Nikon D3の感触を味わうと手に入れたくなってしまう。

スローシャッターを切ってもミラーショックを感じないツクリの良さとか。
モードラ(既に死語)回してもファインダー像がバタつかないとか。
実際の数値よりも軽く感じる重量バランスの良さとか。

NikonとCanon。
カメラの基本性能や使い勝手という点では、Nikonに軍配を挙げます。
私がEOS-1D系に手を出さない理由が、この辺りにある。

Comment

おはよ~、リンクしてもいいよね?

滝たん、おはよ~。
あっ、SnowManだから雪だるまです、今時、半角英字なんてね。
EOS 5D使ってたのね、私はEOS 20Dです。
フィルムのEOS 1Vは眠ってるですよ。
Nikonに軍配なのか・・・。
私もブログを始めました。
と言っても、昔の写真とペットの写真ですけどね。
滝たんとこリンクしちゃっていいよね?
きっと、事後承諾になっちゃうけど(笑)。
また来るね。

Nikon対Canon

背面ダイヤルはCanonのほうが良かったと思う。ファインダーは断然Nikonだし、F6で大きいと使いにくいってのを再認識したかと思ったら、D1桁はまだデカイまま。おしい。
ファインダーを覗くまではCanon,
ファインダーを覗いてシャッター切るまではNikon
という評価かな?

雪だるまさんへ

あくまで私見。
個々のカメラのスペック云々ではなく、極私的なな感覚のモンダイですので。
N社とC社の最上位機種を比較した場合、C社のソレは(スペック概要に表れない)細かい部分が気になるのよねん。
特に1D系の、スローシャッター時に於ける妙な共振(残響?)感が...。
リンクの件、ご自由に~。(^^)

undoさんへ

>ファインダーを覗くまではCanon,
>ファインダーを覗いてシャッター切るまではNikon
的を射た表現です。(^o^)
ボディサイズなんかも数値上はN社もC社も変らないデカさ。
ところがレンズ装着して構えると、N社の方が手に馴染む。(これも私見)
グリップの形状とか重量バランスとか、そういった点の相性のハナシ。

ありがとねー。

早速、来てくれてありがとねー。
やっぱ、滝たんだよ!!
それにしても、まだ『滝たん』って使ってたんだね。
感覚的って、ウエイト大きいよねん。

私は・・・

実は、使いたくてキャノンにしているわけではないんですよ。
5年ほど前に10Dを買うときには、他のメーカーにこれはといった機種がなかったこと。
それとDIGIC神話とUSM仕様のL玉かな?
未だにファインダーはあまり良くないし、決して満足して使っているわけではないんですよ。
でも、レンズ資産が半端じゃないから今更変えられません。
勿論、先立つものがあれば話は別ですが・・・(笑)

雪だるまさんへ

>まだ『滝たん』って使ってたんだね。
はい。
なんたって、雪だるまさんに付けて頂いた名前ですから。(^o^;

ZEISSさんへ

5年前は、たしかD1Xを使っていたかな。>私
撮影機材なんてのは上を見たらキリが無いので、(機能面とか資金面とか)テキトーなところで妥協して選ぶモンです。
で、現時点における私の妥協点がEOS 5D。
メーカーに義理立てる筋合いはありませんので、その時々のイイ物を使うが宜しい。

D3触ってみました。

正直なところ、何もかもデカイ。デカくて気持ちいいのは、ファインダーとシャッターボタンくらい。縦位置グリップが意外に改善されているなぁと感じた。
標準ズームだったのですが、ピントリングの遊びが少なくて、CanonのUSMよりいい感じでした。
Canonに追いついた感が満載でした(^_^)v

背面の

AF-ONボタンも大きくて宜しい。
浅めのシャッターストロークも好感触。
5Dに慣れた指でレリーズしたら連写してしまった。(^^;
逆に、十字キーは小さくなって(D1X比)操作性がイマイチかな。
ともあれ、現行機種において、私がカメラに望む感触(機械的動作)に最も近い。>D3
購入に立ち塞がる壁はレンズ。
手元に残っているニッコールで、果たしてD3の画質性能を引き出せるのか否か?
そこがモンダイだ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。