スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27時間テレビ

「老害」という言葉の意味を知る。

彼が総合演出と聞いた時点で想像はついていた。
出来上がったモノは想像を遥かに超えていた。

新しいモノを作り出すチカラは、もう無いんだ。
輝いていた過去を振り返る事しか出来ないんだ。
一時代を築いた「名プロデューサー」として、ひっそりと消えるべきだったんだ。

なんかね、身につまされたよ。
置かれた立場の違いはあるにせよ、モノを作る仕事は大変だ。

自分の写真も、いつか古くなるんだろう。
とゆーか、既に古いのかもしれない。
取り入れる取り入れないは別として、新しい表現手法は知っておかないとね。

さようなら、三宅恵介。

Comment

同じく、プログラマ

欽ドン、ひょうきん族の人だよね? お祭り=ご褒美だからいいんじゃないの?
あの頃からずっと最前線で活躍している人って、中州産業大教授、荒井由実くらい?たいへんだよね。
抽象化できないプログラマも早く引退してほしいなぁ(^^;

当時は

「三宅デタガリ恵介」とテロップされてましたね。
27時間のうち極一部だけ付き合っただけで語るのもナンですが。
元ひょうきん族の方々が、はしゃいでいる姿が痛々しかった。(^^;
そこいくと、秋刀魚はまだ第一線で生きている方だなぁ、と思いました。
三宅恵介・定年の花道という意味合いが漂う27時間でした。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。