スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんきん特別便

届けられました、私宛に。
記録漏れはナシ、めでたしめでたし。



で、記念に1カット。

Nikon D3のライブビュー(三脚モード)で撮影。
撮影範囲を4×5モードに変更。
PCにインストールしたCamera Control Pro 2を起動。
PCのモニタでピント位置調整、合焦、レリーズという一連の作業が出来るのは便利。

ではあるが。
Camera Control Pro 2に表示されるライブビューのウインドウが小さい。
モニタ全面表示に出来ない仕様って...。

さらに、このライブビューには大きな欠点が。
露出値が反映されない。(-_-;
絞りを開けようが、シャッター速度を上げようが、ライブビュー画像は一切変化しない。
これでは大型ストロボを使ったブツ撮りの場合、ライブビュー中の画とレリーズ後の画が違っててしまうじゃないか。

アプリ、カメラ共に(ライブビューに関しては)中途半端の一言に尽きる。
注:D90のライブビューは露出値が反映されるようになったらしい。

この撮影で得た収穫。
AdobeのCamera Rawで4×5モードの画も現像可能、と判明した事。
View NX、Capture NX 2、どちらも使い難いよ。

Comment

こんばんは

私のところにも「ねんきん特別便」がやってきました。
会社経由で・・・郵送代の節約なんでしょうなぁ。
でも、社会保険庁の不始末を、これまた税金を使って贖うとは
本末転倒ですナ。
悪いことやいい加減なことをやった幹部や職員が負担すべき
と思うんでありますが。

ライブビューは40Dにも搭載されていますが、使った試しが
ありません。
必要性を感じませんし、屋外であればファインダーで十分。
というか、単に説明書を読んでいないから使えないだけ。
可動式液晶モニターが搭載されたら、積極的に使うかも。

そうそう、今日はいつものモデルさんの引退撮影をしました。
涙でファインダーが曇り・・・なんてのは嘘で、曇り空になって
大いにテンションが下がりました。
どうしてこうなんだろうなぁ。

だいたいね

強制的に徴収しておいて、だ。
記録漏れがあるか否か「自分で確認しろ」ってナニ?
おまいらがキチンと管理していない為に生じたモンダイだろ。
その後始末を、こちら側に転嫁するんじゃねーよ!
という感想しか持てまへん。

モデル撮影、生憎の天気でしたね。
ZEISSさんの心の雨模様が、お天道様に伝わってしまったのです。(^o^;
また、新たなおねーちゃんを探す旅に出ましょう。

ライブビューは、現状、OLYMPUS方式が最優秀かと。

通帳式で記帳していれば

問題なかったと思うんだが、そんなことしたらいくら取っているかモロバレなのでやりたくなかったんでしょうね。
医療費の領収書だって明細が出るようになったのは最近じゃん。まだよく分からない分類だけど。
次に明細を出す必要があるのは議員の政治資金収支と献金でしょう :-p

役所は

明細でなく、総額を重要視するからね。
「談合イケナイ」の掛け声の下、競争入札にして総額が「安い」業者を選定。
安かろう悪かろうノ典型で、各所でエレベーターやらエスカレーターがぶっ壊れてますな。(^^;

議員センセの土地取引も明確にしてね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。