スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASAMIさん(神田明神編)



撮影順序は、こちらが先。
時間は14時過ぎ。
気温は高くても、やはり10月。
お日様の角度が低い。
トップライトにならないのは有難いが、逆光+広角で撮るとレンズに直射光が入る。

[Nikon D3+VR24-120]
DSC_0129.jpg

DSC_0143.jpg

DSC_0057.jpg

DSC_0045.jpg

DSC_0095.jpg

DSC_0117.jpg

DSC_0104.jpg

DSC_0098.jpg

つづく

Comment

神田明神といえば・・・

銭形平次を思い浮かべるかな?(ふ、古っ!)
確か、大川橋蔵さんが主演でしたね。
そんなことを思い出してしまいました。

それと揚げ饅頭屋さんかな?
でも、私が行くと休んでいることが殆どなんですよね。
「メタボに気をつけなさい!」といったことでしょうか?

そうそう、この時期はワイドで撮るとお日様がフレーム
に入りますね。
私は先日の屋外ポートレートでは85㎜でも・・・
トップライトは困るけれど、モロにフレームに入るのも
困りますね。

昨日は西沢渓谷へ行ってきました。
いやぁ、凄い人の数でしたよ。
渓谷の遊歩道を通る人並みがなかなか途切れることが
ありませんでした。
で、予想以上の撮影時間が必要で、別の場所へ行くこと
が出来ませんでした(涙)

御社殿の

右側面に「銭形平次の碑」が有りますよん。(^o^;
天野屋さんも有名ですが、私は甘酒がダメなのでスルー。

ポートレイトは逆光に立たせて中望遠で云々、なんて教則本の言い分は無視。
青空が綺麗だから順光で撮るし、場所を表現したいから広角も使っちゃう。
お日様が入ってゴースト発生してもも気にしない。(^^;
ゴーストも写真表現の1つ、それだけで「眩しい」って雰囲気が表せるじゃん。
フレアやゴーストを諸悪と捉え、それらが発生しないレンズが良いレンズだ、ってな昨今の風潮に疑問を感じます。

さて、西沢渓谷にお出かけとの事。
秋の行楽シーズン真っ只中、とんでもない人混みでしょう。
撮影目的に訪れるのはキツイ時期ですね。
早朝だと、少しはマシな条件になるのかなぁ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。