スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリュープランの崩壊

docomo Online Shopで「期間限定キャンペーン」と称して安売りをしている。
いくら旧型機とは言え、バリュープランの崩壊だね。

 l705ix_otoku.jpg

量販店やケータイショップ、一部のdocomoショップでは、バリュー一括の格安販売を時々やっている。
新規契約の場合、一括0円ってのもあるね。
でも、それは各店舗独自の施策であって、表向きはdocomoは関知せずという形になっていたはず。

今回のOnline Shopでの格安販売は、現行の販売システムをdocomo自らが否定した事を意味する。
docomoは2007年11月発売の905/705以降、バリュープラン(通話料金と端末代金の分離プラン)を導入した。

「月々の通話料を安くする代わりに、5万円で端末を買え」
この尤もらしい口車に乗せられて、ユーザーは借金(割賦契約)してまでケータイを買った。
ところが今や、5千円で買っても月々の通話料を安く出来るようになってしまった。
docomoの口車に乗せられて、未だに借金返済を続けている人々の心境たるや.。(ToT)

Comment

ただの投げ売り

世代も2つくらい前だし、在庫整理でしょ。
新機能必要ないし、新品(5万円)で2年使うよりも、1年経ったものを1年ずつ(1万円*2)使うほうがいいね。今後は在庫調整が進むだろうし、欲しい端末が残っていればだけど。

割引を強調するばかりでさ、引き算は分かりにくいんだよね。わかりにくくするために、わざと引き算にしているとしか思えない。docomoの明細なんて理解できないよ。

その投げ売り品を

新品で買った人々は未だにローンを抱えているわけで。(^^;
docomoの明細はマイナス記号が多いですね。
大きく記載されている数字が、割引適用前の金額なのか、適用後の金額なのかサッパリ解らんです。

「月々安くなる代わりに云々」なんて説明は、初回のバリュープランへの変更時にのみ通用する。
バリュー化した人々が買い増し(機種変更)する時は、どういう理屈を並べるつもりなんだろ?
docomo大本営が「型落ちでよければ投げ売りしますよ」と公にしてしまった以上、もう誰も5万円で買わないと思う。(最新型機至上主義者や情報弱者を除く)

5000は~安いですよね!!!
コチラは905を知り合いから、もらちゃいましたケド…

3/1
甲府行ったんですけど…
残念でした。
詳細は
お問い合わせメール行ったでしょ?
名前書いてなかったけど…
アドレスでわかるかナァ~…と思ってました♪


貰えるモノは貰っちゃいましょう。(^^)

>甲府行ったんですけど…

すぐ近くまでいらしていたようで。
あと2分も歩けばウチに到着しますよん。
でも、分かり難い場所なので、一旦迷いだすと15分掛けても到着できなくなります。(^^;

私の返信メール、届いていません?

>一旦迷いだすと15分掛けても
15分どころか、あの辺3~4周しましたよ!!!

>私の返信メール、届いていません?
すいません。無かったような気がするんですけど…

あれ?

メール届いてませんか。
たまたま送れなかったのならいいけど、毎度の事なら困っちゃうぞ。
お客さんからの問い合わせをシカトしているロクでもない店という事になる。(^^;
あらためてメール送ります。

迷われた際は遠慮せずお電話下さい。(^^)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。