スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブローニー

PIEに向けて新たな展開があるかと思ったら、逆に悲しいお知らせが。(T_T)

中判フィルムカメラ「PENTAX 67II」「PENTAX 645NII」生産終了のお知らせ

このたび弊社では、中判フィルムカメラ「PENTAX 67II」「PENTAX 645NII」につきまして、2009年9月をめどに生産を終了することにいたしましたのでお知らせいたします。
<中略>
なお、645用交換レンズに関しましては今後も生産を続けてまいりますので、引き続きご愛用賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


レンズ生産継続は「645 Digital」の参考出品、さらには製品化を念頭に置いたものなのかな?
PENTAXといえば、110、APS、135、645、6×7と、4×5を除きあらゆるフィルムフォーマットのカメラ・レンズを作っていた総合メーカーだったけど、今回の中判カメラの生産停止でフィルムカメラから完全撤退になるわけだ。
スタジオでマミヤRZ67、ロケでペンタ645ってのが、ポートレイトの定番アイテムとして確固たる地位を築いていたものですが...。
ま、時代の流れには抗えません。

ただ、流れといえば。
昨今の出版不況により(特に雑誌系)デジタル撮影を止めて、フィルム撮影に戻すカメラマンが増えたという話もある。
もっとも、これはフィルム画質の優位性云々といった理由ではない。
制作費切りでギャラを下げられたから、撮影後のデジタル処理なんてやってられない(労働時間と対価が吊り合わない)というセコイ理由です。(^^;

そんなこんなで、ブローニーもまだまだ需要がある時代に、PENTAXの撤退はちと残念。
とは言え、需要は有れども売れる製品ではないのも確か。

そうそう。
FUJIのGF670 Professionalは予想外の反響で、販売台数が確保できない為に発売日延期です。

Comment

そうですか・・・

これも時代の流れですなぁ。
かつてペンタ645を使っていた人間としては、一抹の寂しさを
感じます。
まぁ、全部売却したから偉そうなことは言えないんですが・・・

ほぉ、フジはなかなか凄いことをしますね。
折り畳み式の645版はその昔、メーカーさんから拝借して
鎌倉で撮影したことがあります。
で、危うくお買い上げとなるところでした。

ブローニー版のカメラは、現在では親父の形見のミノルタ
(当時はチヨダ光学)の二眼レフのみ所持しています。
時々はシャッターを切っていますので、未だに撮影が可能
な素晴らしいカメラです。
名前はミノルタフレックスで、フィルムを巻き上げてシャッター
チャージを行った後にレリーズするという、今の世代の人には
全くなじみのない構造を持ったカメラです。

ウチに

残ってるブローニーカメラはFUJI GS645とMAMIYA RB67の2台。
二眼レフは行方不明、ハッセルは処分しちゃいました。

RB67は爺さんの形見です。
こいつも、巻上げとシャッターチャージが別動作になっておりまして、撮影のお作法を間違えるとゲージツ的な二重露光に。(^^;

一時期、ペンタ67IIを買おうと思いましたがナンダカンダで購買意欲もうやむやに。(^o^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。