スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nの新型

Nikon D5000


  • 12.3メガピクセル(DXフォーマット)

  • ダストリダクションシステム

  • 11コのAF測距点

  • シングルAF、ダイナミックAF、オートエリアAF、3D-トラッキング(11点)

  • 1/200X

  • Dムービー

  • 2.7型バリアングル液晶モニター。


ファインダーがペンタミラーである事、倍率が小さい事を除けば、ほぼD90だね。
細かい差異を言い出せば、レンズの機能制限とか、内蔵フラッシュのコマンダー機能の対応とか、コマンドダイヤルが1コだけとか...モロモロあるけど。
ともかく目立つスペックは上位機種と変わらないカメラに仕上げた、という感じ。
予想外と言うか、快挙なのは3D-トラッキングAFの搭載。

それにしても。
型番、いきなり大きくなったね。(^^;

Comment

現行機との比較だと

D80の下、D60の上くらいなんでしょうね。D60の後継?
でも、D70もD700ももう使っちゃったから、リセットしてD5000というわけか?1000番台が揃ったときには、下から2番目くらいかな?
D7000あたりが楽しみだな(^^;;

D40が

生産中止になったから、てっきりソレの後継機種になると思ったんですけど、性能的にはD80クラスになっちゃいましたね。
一番の驚きは、3D-トラッキングAFが搭載された事。(@o@)

キヤノンみたいにMark2だ、X3だとネーミングすれば無駄に数字を浪費せずに済むんだけどね。(^^;

最近のNikonは

実に元気ですなぁ。
いい傾向だと思います。

それに比べるとキャノンは何を考えているんだろう。
「可動式液晶モニターを搭載すべし!」と私以外の多くのEOSユーザーは
要望している筈。
そのユーザーの声を無視し続けると、乗換え組が増えますゼ。

もし、次期60Dで搭載しなければ・・・「ニコ爺」になっちゃうゾ!!

そのうち

出てくるんでしょうね、60D。
D30,D60,10D,20D,30D,40D,50D...キヤノンも、あのクラスは型番を浪費してますなぁ。(^^;

ニコンはね、いつの頃からか技術の出し惜しみをしなくなったのですよ。
たとえ下位機種のカメラでも、新型機には上位機種と同じ機能を載せる、という方針。
3D-トラッキングAFなんて上位機種(D3系,D700,D300)でのみ使える機能だったのに、あっさりと新型機(D5000)に移植しちゃう。
ニコンの元気の源は、メカの部分に拘らなければ、新型機が最優秀である事。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。