スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5と3

135フルサイズ判の話題が、某Z氏との間で持ち上がったので比較検証。
サンプルは知恩院の山門。



比較する機材は、
EOS 5D+24-70Lと、Nikon D3+24-70G。


先ずは画面中央上部。
(以下、上画像が5D、下画像がD3)

5D_0.jpg

D3_0.jpg

ほぼ同等。
次に画面中央、右の柱。
5D_5.jpg

D3_5.jpg

こちらも大差なし。

では、周辺部を比較。
画面左上。
5D_1.jpg

D3_1.jpg

どひゃー。
エライ違いが現れたぞ。(@o@)
画面左下。
5D_2.jpg

D3_2.jpg

うきゃー。
なんじゃコレは。(@o@)
画面中央右端。
5D_3.jpg

D3_3.jpg

うむむ...。(^^;
画面右下。
5D_4.jpg

D3_4.jpg

ふーむ。(-_-;

とまぁ、こんな感じ。
EOS 5Dの左側の流れ方は特にドイヒーですな。
カメラまたはレンズ性能の個体差もあるし、2台のカメラは発売時期も異なるので厳密な比較にならないけどね。
(そもそも、ピクセル等倍で鑑賞ということ自体が、あまり意味が無い)

結論。
「フルサイズは周辺部が流れる」とは一概に言えない、と。

Comment

レンズ性能の差?

左下の絵を見たときにはブレかと思った。
ほとんど性能差がない50mmとか85mmで見たいなぁ。

ブレじゃないのよ。(^o^;

焦点距離は、35mmです。絞りはF8。
5Dがメイン機材だった頃は「まぁ、こんなモンかな」と納得していたんですけどね。
画像の流れもそうだけど、周辺部の光量不足も激しいです。>EF24-70L
やはり、レンズ性能の差ですかねぇ。

他の焦点距離の画像、探してみます。
基本的に人物メインの仕事だから、人が写ってない画像を探すのが一苦労。(^^;

うーむ・・・

某Z氏とはアチキのことかえ?(笑)

最初に見た時は「げっ!・・・5D使えね~!!」って感じですね。
確かにピクセル等倍で判断するのもアレですが。
一体この差はなんだろう???

こんなんではニコ爺が喜ぶだけでありんす。
そういえば、キャノ坊がニコ爺化する例が多いのも頷けますな。
光学メーカーと精密機器メーカーの違いと言っていいのかも。

私もとりあえずキャノンのフルサイズへ走るのは待って、当分は
7Dを使うキャノ坊のままでいることにしませう。

ご推察通り

貴方の事です(^o^;

レンズに撮因るものなのか撮像素子に因るものなのか、技術的な事は私には分かりません。
EF24-70Lも今では旧型品。新しい24-105Lとの組み合わせなら、違う結果になるのかもしれません。(持ってないから試しようが無い)

現時点、135フルサイズで隅々までシャープにという要望に応えるのはニコン、という答え。
α900については不明。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。