スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近頃巷に流行るもの

CP+の話題。

ソニーも開発「ミラーレス」 2強の牙城、デジタル一眼市場崩すか

一昨年にパナソニックが発売した、カメラ内部にレフ板のない小型軽量の「ミラーレス一眼」が、女性層を中心にシェアを拡大。昨年7月のオリンパスに続き、ソニーも10日、今年中に参入する方針を正式に発表した。ソニーなどは家電メーカーならではのビデオ機能やタッチパネルなど、玄人向けの一眼レフとは違う多彩な機能で、新規需要を取り込みシェア拡大を図る考えだ。


売れているのは確かだし。パナのGF1も魅力的である。
が、ミもフタもない話をすると。
家電メーカーには一眼レフを作れない、という事に尽きるわけだ。
数百分の一秒、数千分の一秒で、正確にミラーとシャッター幕を動かすのは如何に難しい技術であるか、という事だ。

ミラーレスが蔓延すると、日本の技術力が低下する。(^o^;

Comment

こんばんは

>家電メーカーには一眼レフを作れない、という事に尽きるわけだ。
ということですね。
ファインダーはEVFでは何だか覗く気は起きません。
やはり光学ファインダーでないと・・・
これからの一眼レフもコンデジのような構え方が主流になっていくのかな?

>ミラーレスが蔓延すると、日本の技術力が低下する。(^o^;
言えてます。
撮影技術も低下する・・・

実際

D3でライブビューを使うと、思いっきりコンデジの構え方になります。(^o^;

もうね、ムービーは家電屋に任せおきましょ。
カメラ屋は、日本の伝統技術を守る事に専念すべし。
そんなわけで、スチール機能しか持たないD3000がステキに見える。(^^)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。