スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役所仕事

港区のエレベーター事故。
あのメーカーの製品は公共施設に多く使われているそうで。
珍しいね。
談合大好きの公共施設で海外メーカーが入り込むのって。
競争入札が機能したって事だろうけど、逆効果になってしまいましたね。

今回の事故は港区住宅公社の管理下にあるマンション。
お役所仕事ですね。
役所が業者を選ぶ基準は見積もりの数字。
結果、安さを売りにしてる(だけの)業者が選ばれる。

役人は少しでも安く上げさせようと、コスト無視で業者を叩く。
役所の仕事をすると会社が傾きます。
今どき、マトモな民間企業は役所に近寄りません。
下心のある連中だけが公共施設の仕事をします。
役所物件に強い業者の仕事はレベル低い、と考えて間違いないでしょう。

そもそも、住宅公社がレベル低い連中の集まりですからねぇ。
30分おきにタバコ吸いに事務所の外に出て、大声でバカ話をして、通行人を舐め回すようにジロジロ見て、バッティングの素振り練習をして、携帯電話で女と喋って、何処ぞの店に予約電話を入れて...と、テキトーに1日過ごせば給料貰えるんだから。

暇を持て余す山梨県住宅供給公社の方々

注:写真は「港区」の住宅公社とは無関係です

類は友を呼ぶ。
質の悪い役所と、質の悪いエレベーターと、質の悪いメンテ業者・修理業者が集まって引き起こした事故です。
レベル低い業者が責められるのは当然だけど、ソレを選んだ公社は責められないのかね?

安ければ良いというのでは「質」は落ちるに決まってます。
まさに、安かろう悪かろう。
モノには適正価格ってのがあるんですよ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。