スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下電器

同社初のデジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L1」を7月22日に発売。
「LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.」とのセット販売のみ。

...えっ?
つまり、
E-1やE-330でエルマリートを使いたい人は、必要の無い松下ボディも買わなきゃならないのね。

※「フォーサーズシステム」は高画質と機動性を実現し、さらにユーザーの利便性を高めるための標準かも考慮した、全く新たなデジタル一眼レフシステムの新規格です。(オリンパスサイトより引用)

そんな理念は知ったことじゃない、と?>松下

所詮、ただの家電屋。
写真文化は理解できないという事の実証。

Comment

抱き合わせにしなければ売れないじゃないですか :-p
ボディの中身はE-330のマイナーチェンジですから、ボディ10万円、レンズ15万円ってところでしょ。
所詮ズーム、ボディを5万くらいで叩き売るほどのレンズでしょうかね?

国産

>抱き合わせにしなければ売れないじゃないですか :-p
それを言っちゃ、お終いでっせ。(^^;
ライカを名乗ってもMade in Japan。
5~6万が妥当なセンでしょう。
こんなモンに25万も支払うなら、K100D買えっ!

こんばんは

うーん、松下ならではという意気込みが感じられません。
レンズがライカと名乗っていてもねぇ・・・
フォーサーズの規格を全く無視の抱き合わせ販売では意味がないと思います。
悪口は言いたくないけれど、これならαやK100の方が面白いかな?
まあ、私はEOSユーザーだから全く興味は湧かないんですが・・・
E-330ならちょっぴり魅力を感じますね。

どーしても

家電メーカーのイメージが強いんですよね。
その家電屋のデジカメに25万円を支払う気持ちにはなれませんなぁ。
既に、SONYが高級(高価格)デジタル商品で失敗してるじゃないか。(^^;
これからペンタックスでしょう。
安価で高品質。
業務用はともかく、趣味で使うぶんには良さげ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。