スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ戦略

キヤノンのTV-CF。
「デジタルEOSテクノロジー」

・EFレンズ
・1670万画素CMOSセンサー
・DIGIC2

実に高級感漂ってます。
でも、今までIXYとキスデジでCF展開してたトコロに、突然1Ds2って極端過ぎませんか。
このCFを(一般的な)視聴者が見た場合、「カッコいい」とは思っても「欲しい」「買いたい」とは思わないよね。
とすると、単にブランドイメージの強化が狙い?

「デジタルEOSテクノロジー」の広告だから技術力のアピールなのか。
これも視聴者にしてみれば「何だか解らんけど凄い」で終わりでしょう。
とすると、誰に向けてアピールしたいんだ?

そうか、新規参入の家電屋への挑発なんだ。
ソニーがαの資産を受け継ごうが、松下がライカレンズを手に入れようが、キヤノンのブランド力・技術力の足元にも及ばないぜ!!
と言いたいわけですね。(たぶん)

ここまで尊大な態度がとれるキヤノンって怖い。(^^;

せめて、この半分の強引さがペンタックスにあれば...。
モノは良いのを作ってるのにねぇ。
やっぱり、イメージ戦略って大事ですね。

Comment

見ましたよ、このCM

何だか違和感を感じたけれど、さすがにキャノンの技術力をまざまざと
見せつけられたような気がします。
「フルサイズセンサーはうちだけですよ!」って。
さらにDIGICⅡや高速AFは他では真似が出来ない大きなアドバンテージ
ですね。
ペンタックスもフルサイズ機を開発していたのに、断念してしまいました。
それを聞いて機材を処分して、EOSに走った私なんです。

私も

ペン太君に期待してたクチです。
一眼システムは、ずーっとペンタを使ってました。
デジカメ導入時の選択肢は、EOS-1D、D1Xの2機種。
現像ソフトを含めたトーラルバランスに優れていたニコンを選びました。
まさか、これほどの短期間でキヤノンに追い抜かれるとは想像だにしなかった。(^o^;
両社のデジタルテクノロジーの力の差ですね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。