スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道むすめ

白河ひばり
名  前:白河ひばり
職  業:国鉄時代の食堂車ウェイトレス
事 業 者 :日本食堂株式会社
乗務車両:特急ひばり/485系(サシ481)

Produced by TOMYTEC

食堂車を利用した事がありません。>私
昭和50年代半ばには消滅しつつあったので、利用したくても出来ません。
実際の食堂車の雰囲気を知らないせいもあって、「車窓の景色を眺めながらゆっくりお食事」なんて聞くと、優雅な大人の旅といったイメージがあります。


食堂車があった頃は、鉄道「旅行」をしていた時代なんでしょうね。
今はただの鉄道「移動」って感じ。
スピードアップ&効率化と引き換えに「旅情」という言葉も消えてしまったような...。

使用機材:EOS 5D+EF70-200/2.8L , SPEEDLITE 580EX , ST-E2
撮影セットは、こんな様子。

IMG_1859.jpg


斜逆光ぎみに傘付き580EXを配置し、ST-E2でワイヤレスシンクロさせているだけ。
天井の蛍光灯は点けっ放し、レフすら当てていないという、チョー手抜き撮影。

デジカメはラチチュードが狭いと言われますが、反面、僅かな光までよく拾ってくれます。
大きさにもよりますが、このフィギュア(約12cm)のように小さいモノは、レフ使わない方が立体感が出ると思います。

この撮影で最も難儀したのはレンズ。
分かっている事とは言え、EF70-200Lは最短撮影距離が遠すぎる。
ここまでモノが小さいと、200mmの焦点域にしてもファインダーいっぱいに収められない。

こういう時は、シグマの180mmマクロが欲しくなる。

Comment

おぉ!

フィギュアですね。
どこぞのブログかと間違えてしまうところでした(笑)
>食堂車を利用した事がありません。>私
私はブルートレインの特急「ふじ」や新幹線でよく利用しました。
例の北陸本線のトンネル内火災事故から急激に姿を消すようになりました。
今では座席で弁当が当たり前になってしまいました。
駅弁は駅弁で旅情が味わえますが、やはり食堂車でゆっくりと
食事をとりたいですね。

まぁ

フィギュアのポートレイトという事で。(^^ゞ
食堂車全盛期は、まだガキんちょだったので「大人の世界」に入れませんでした。
今や、北斗やカシオペアに乗車しないと体験できませんね。
時刻表を眺めていると、いつの間にかナイフとフォークがデザインされた食堂車マークを探していたりする。(^^;

たしか135mmが倍率高かったはず。それでもダメなら、マクロレンズしかありませんね。
そうそう、Y/Cのプラナー85mmは、微妙に寄れないレンズでした。アダプター利用時の参考までに(^^;

どうも

アドバイスありがとうございます。
が、レンズ沼にハマるのでツァイスアダプターは却下というコトで。(^^;
EF70-200/2.8L :最短撮影距離 1.5m、最大撮影倍率0.16倍
EF125/2L :最短撮影距離0.9m、 最大撮影倍率 0.19倍
ビミョーな差ですね。

食堂車。。。。

お久しぶりです。
食堂車、私も利用経験なしです。
新幹線のビュッフェを子供の時に
1度利用しましたが。
行くまでは「わくわく」でした。
結果は。。。。。。。。。。。。。
鉄道での旅は駅弁で十分かと(爆)。
であであ。

じんじんさんへ

どーも、ご無沙汰しております。
ビュッフェ、ありましたね。
アレって立ち食い形式ですよね?
足元の悪い状態での飲食はキツそう...。
座って食べたいです。(^o^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。