スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIKON D80の発表で狂喜乱舞した方々も多いことでしょう。
それからから約二週間、Canon kissD Xが発表されました。
ニコンの出方を見てからチョチョイと組み上げたカメラ、というのが第一印象。

「あと○○日」と、もったいぶっていたニコンとは正反対の、あっさりとした発表の仕方。
その程度のモノ簡単に作れちゃうよ、と言わんばかりの(イヤミなほど)余裕の態度ですね。
さて、各社の1000万画素エントリー機が出揃ったわけですが。

SONY α100:手ブレ補正装置。
Canon KissD X:ゴミ除去装置。
NIKON D80は...特筆すべきモノは備わっていません。

D80、ニコンらしい奇を衒わない真面目なカメラだと思います。
一定レベル以上のユーザーを対象としたカメラなら真面目な製品作りは大切な事です。
が、このカメラはエントリー機の位置付け。
つまり、デジタル一眼を初めて手にするような人々を対象にしたカメラ。
そのような人々が購入する際、何を基準にするかと言えば宣伝文句です。

効果や実用性はともかく、手ブレ補正やゴミ除去装置はアピール度充分。
よく解らないけど凄いんだ、とインパクト与えます。
上級機と同じくペンタプリズムファインダーです、なんてのはエントリー層には理解してもらえないでしょう。
D80が売れるかどうかはCMキャラのキムタク頼りという事になります。

ニコンが売れてくれないと、キヤノンがナメた商売をするから困るんですよねぇ。(^^;
Mk2だのMk2Nだの「この程度で良いだろ」的な技術を小出しにした製品ばかり作り続けるので。
でも、発表会のコメントを読むと、キヤノンの眼中にあるのはソニー・松下のようですね。

もはやカメラメーカーは競争相手ではないと?

Comment

エントリー機だからでしょう

Canonがファインダーに手を抜いているのはたしかだけど、それにしても厳しいね(^^;
まあコストがかかる&有効な技術ならば、高価格製品から導入されると思います。>ゴミ除去
(どうせ買わない)エントリー機で儲けて、中上級機はまともな製品で勝負してくれればいいです :-p

先ずは

エントリー機で実験、ってトコでしょうか。(^^;
前例(20D)があるから初物は怖いんだよねぇ。>キヤノン

大抵堅実な製品づくりしているメーカーは一番にはなれませんが、確実に一定の市場をキープします。ブランドに頼らない製品づくりを続けなければなりませんけどね。
ニコンは第1位から第2位へ。次はそういう地位になるんじゃないかな?

堅実

と言えばペンタックスですかね。(^o^;
モノが安くても手抜きはしてませんよね。
性格の異なるD80とキスデジXを比べるな、てな意見を見受けますが、ちょっと的外れな意見だと思う。
一般ユーザーの選択基準は製品のデキではなく価格でしょう。
価格が似通ってる以上、比較されて当然だってば。
デキで勝負したいなら高級機路だけ投入すれば宜しいかと。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。